高待遇が多い保健師の求人を紹介!給料アップや待遇アップを目指そう!

「《保健師求人探しガイド》-※保健師求人サイト比較実績ナンバー1-」のご訪問ありがとうございます。当サイトではナースフルナース人材バンクなどの保健師求人サイトの比較や保健師の転職の基礎情報、保健師求人先別の分類など幅広に取り上げています。転職予定の保健師さんは是非ご参考下さい。

当サイトでは人気の保健師求人サイトの最新情報を随時更新していますが最新ランキングではリクルート系列のナースフルがランキング1位です。看護師の転職案件と違い自分では見つけにくい保健師の転職案件ですが当サイトで紹介するサイトを使えば高待遇の保健師求人案件と多く出会えます。是非初回登録からサイトの中を見られて下さい。

人気の保健師求人サイトをランキングでご紹介!

ナース人材バンク

ナースフル

マイナビ看護師

看護roo

ベネッセMCM

保健師の転職理由は何が多い?転職を成功させる秘訣は!?

保健師は看護師に比べると離職率、転職の機会が少ないといわれています。それは保健所や保健センターなど行政施設での勤務が圧倒的に多く、原則として公務員としての立場で雇用される形になっているため安定した環境を手放してまで転職するケースが少ないからです。しかし、近年ではその傾向に変化が生じてきており、民間企業や医療機関から保健師の需要が高まっています。そのため、新天地を目指して、あるいはスキルアップを目指して転職する機会が増えているようです。

では、そんな保健師の転職理由はどのような内容があるのでしょうか。まずどのような形で転職するかがポイントとなります。これまで看護師としてのキャリアを積んできた人が新たに保健師の資格を取得して転職を目指すケースか、保健師が職場を移るケースか、どちらのシチュエーションかで転職理由にも違いが出てきます。

たとえば行政施設から企業保健師に転職する場合、安定した雇用環境を失ってまで新天地を目指す意気込みを転職理由にすることで採用担当者によい印象を与えることができるでしょう。それだけ求人先の仕事に魅力を感じ、意欲を持っていることをあらわしているからです。また、看護師から保健師に転職する場合にはスキルアップへの意欲を全面に押し出すようにしましょう。看護師の業務から一歩踏み込んだ仕事をしたくなった、これまで築き上げてきた看護師としてのキャリアを活かしつつ、さらに自分を高められる環境を求めて保健師を目指そうと思った、など。看護師の転職とは異なり、前の職場の不満や家庭環境の事情といった現実的な理由よりも、とにかく保健師の仕事をやりたい、という意欲を相手に伝える工夫が求められます。 一方、看護師から行政施設の保健師へ転職を目指す場合には「安定した雇用環境に惹かれた」「公務員の立場に魅力を感じた」といった環境に安住するような理由はできるだけ避けたほうがよいでしょう。

それから医療機関へ転職する場合には具体的な業務内容をしっかり把握し、それに対する意欲を転職理由として挙げることが求められます。その医療機関における看護師と保健師の役割の違い、あるいは行政機関での保健師の役割との違いを明確に指摘でき、そのうえで新天地を求めていることを強調できる理由にしたいところです。

このように、保健師の転職理由は看護師とは若干異なる傾向が見られます。できるだけよい印象を与えるためにもよく考えて内容を検討するようにしましょう。保健師の転職理由を考える時もそうなんですが転職をするにあたりプロのアドバイザーがバックについてくれたらいいなあと感じる人も多いと思います。そのアドバイザーに無料でなってくれるサービスが上記の転職サイトなのです。最新求人情報の提供はもちろんですが書類作成代行など全てをアドバイスしてくれます。まずは初回登録から!

[他転職サイト] ナースではたらこ 看護ジャパン