保健師求人TOP>保健師求人<企業>

保健師求人<企業>

保健師といっても、その種類はさまざまにありますね。企業で働く産業看護師と呼ばれる看護師はどういった仕事をしているのでしょうか?

保健師とはそもそもが予防に重点を起き、健康管理というものをになっている専門の職業です。健康管理とは、長期間に渡って健康状態を維持し続けるために行う一連の管理のことを健康管理と呼んでいるのです。健康の維持や発病の予防をすること。職場の影響で発生してしまう病気やけがの悪化の防止などが主に挙げられます。最近は個人の健康管理ばかりではなく、企業で働く高齢者の健康管理という場面。少子高齢化社会という現代では、どうしても高齢者の力に頼らざるを得ない時代ですからね。企業側も優秀な人材にはいつまでも働いていて欲しいという願いがあるわけですね。こういう対象者向けに、保健師が得意としているグランドデザイン機能を発揮すること。また予防の知識の視点を変えて、組織的であったり、動線的な予防の考え方を構築することが求められているのです。

企業にとっては、その企業で働いてくれる従業員こそが財産なんですよね。だからこそ従業員の健康管理を企業が支援するということは当然の責務になってくるわけです。こうなった場合には、そこには医療の知識を有した専門家が必要になってきますよね?それが産業保健師の役割として求められていることなのですよ。

保健師は企業内の健康管理として、産業保険活動というものを行います。その企業で働く従業員がどのように働いているのか?健康を損なうような劣悪な環境下で労働を強いられてはいないかどうか。安全性が確保された職場環境で働けているのかを常にモニタリングするという仕事も産業保健師の大切な仕事のひとつなんです。

また定期的に従業員の健康診断を行い、その情報を元に実際の労働において危険性や不具合なんてものが起こらないかを予想し、保健指導なんてものを従業員に対して行なっていきます。健康診断をしても、その情報を活用することをしていない企業がほとんどですから、企業保健師が存在することにより、それらの情報を活用し、リスクを回避することができるのは企業にとって大きなメリットをもたらすことになるのです。

また業務内容をヒアリングしたり、労働上の悩みなどをヒアリングし、解決策を講じるなどのメンタルケアなども産業保健師の主な仕事になってきますね。企業によって差はあるものの、平均的な年収は500万円から600万円。また企業のカレンダー通りの休日が多いために、残業がないだとか休日がしっかりと取れるという点でも、産業看護師にはメリットが高いということが言えますね。



人気の保健師求人サイトをランキングでご紹介!

ナース人材バンク

>>保健師の求人を探すなら完全無料のこの5個をまずはチェックしよう<<


[他転職サイト] ナースではたらこ 看護ジャパン