保健師求人TOP>保健師求人<家庭訪問>

保健師求人<家庭訪問>

保健師の仕事の中には、各家庭への家庭訪問業務というものがあります。特に担当している地区での乳幼児を抱えた家庭においては、定期的に家庭訪問を実施しているという現実があります。これも保健師の仕事として重要な仕事のひとつになっているものなんですよね。

一昔前には、行政保健師の家庭訪問は各家庭において快く受け容れてもらえていたようですが、ここ最近は、保健師を自宅に招くというこのスタイルを嫌がる家庭も多くなっているというのが現実なんですよね。保健師が家庭訪問する目的としては、核家族化が進み、育児の経験がないお母さんが、育児に悩みに直面した時に、その悩みをぶつける場所がなく、間違ったアクションを起こしてしまわないようにという配慮から来ているものなんです。育児においてのさまざまな悩みを抱えている新米ママのサポ―トをするということがまず一点ですね。

また社会問題になっている幼児虐待などを防ぐという目的もありますね。虐待の可能性がある家庭へ訪問し、早期発見をすることも重要な役割のひとつなんです。そして、これも社会的な問題になっている独居老人の孤独死への対処もありますね。身寄りのない独居老人の家庭へと訪問し、体調や暮らしの不自由などの調子をみること。これらのすべてを未然に防ぐことができれば、起こらなかったかもしれない事件を未然に防ぐことができるでしょう。こういった地域住民の安全を確保することも、保健師の大事な仕事のひとつになっているのです。

こんなに地域住民の役に立つであろう保健師なのに、保健師の家庭訪問を嫌がる家庭が多いのには、理由があります。それは訪問してきた保健師の質が低下しているということなんですね。家庭訪問への苦情やクレームが昔に比べて多くなっているということも事実なんですね。この問題を解決するには、行政も地域住民もどちらも歩みよる必要がありますね。特に訪問される家庭に関しては、心配していもらえているということに対して、感謝の気持ちを持たなければならないと思います。

現在は、すべての地域住民を訪問するというスタイルではなく、問題のありそうな家庭を中心に家庭訪問をしているようです。しかしながらそのような家に限って、居留守を使ったり、電話などをしても連絡が取れないという状況にあるようですね。

こうやって考えると保健師の家庭訪問はとても大変でストレスがたまる仕事であると言えるでしょうね。自分の仕事が命を扱っている仕事であるという認識を持っている責任感の強い人間が多いために、失敗はゆるされないと感じている保健師は多いのです。ですから保健師も精神的に強いストレスを感じながら行っているの業務のひとつが家庭訪問という業務なんですよね。



人気の保健師求人サイトをランキングでご紹介!

ナース人材バンク

>>保健師の求人を探すなら完全無料のこの5個をまずはチェックしよう<<


[他転職サイト] ナースではたらこ 看護ジャパン