保健師求人TOP>保健師として採用されるために

保健師として採用されるために

保健師という職業は、地域や企業や学校などにおいて、起こり得る病気というものを予防し、人々の健康を維持する、もしくは増進するスペシャリストといえますね。

公務員とされる行政保健師。これは一般的に市区町村や保健所に勤務する保健師さんです。そして産業保健師ですね。これは企業や事業所などに勤務をして現場の社員さんの健康を守るというのが主な仕事になっています。また保健室の先生として学校で働く教職員はもちろんのこと、児童の相談役として活躍する学校保健師などが今までの一般的な保健師として認識されていました。

現代では時代の情勢なんていうようなものを考慮し。病院や診療所に勤務する保健師もいますし、海外で国際保健に携わる保健師だています。また社会が抱える問題に応じて児童相談所に保健師を設置したり、地域包括支援センターにはもちろん保健師の存在が不可欠な時代ですよね?これ以外にも社会福祉施設であったり、老人ホームなどにも保健師の活躍の場は広がっているのです。昔に比べて、行政保健師ばかりの道しか選択肢はないというような時代ではなくなったということなんですね。

一昔前は保健師の就職先なんてものは、限定されていて、その大半が行政保健師になっていることが多かったわけですね。しかし行政看護師は、転勤が多いために、ひとつの土地に落ちつくことができないというデメリットがあったり、これによってライフスタイルをその都度変更しなければならないという労力が発生することになります。また公務員特有の体質というか、長年そこにいる保健師が新しいことを好まず、保健師として新しいことを行おうとしてもそれを行うことができないというような特有の悩みを抱えることが多いのですよ。

こういうことから一般的に行政保健師よりも、産業保健師の方が好まれることが多いようですね。年収面でも産業保健師の方が上であるケースが多く、やりがいというものを感じれるという意見が強いんですよね。行政看護師の場合では、保健師としての仕事よりも、事務処理などの雑務をこなしていることが多く、満足ができないという不満を抱えてしまうわけです。

産業看護師への転職のポイントとしては、こういった思いをしっかりと企業側へと伝えることが大事になってくるのです。こういったことは個人的に考えるよりも医療系転職支援サイトのキャリアコンサルタントの力を借り、相談をしアピールポイントを決めた方が適格性が高まります。つまりは転職成功率が上がるということなんですね産業看護師への転職を考えているなら、是非医療系転職支援サイトを使ってみてはいかがでしょうか。



人気の保健師求人サイトをランキングでご紹介!

ナース人材バンク

>>保健師の求人を探すなら完全無料のこの5個をまずはチェックしよう<<


[他転職サイト] ナースではたらこ 看護ジャパン